建設業について

建設業を営む者は、軽微な工事を除き全てが許可の対象となり、建設業の業種ごとに国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければならないとしております。

 

建築一式工事以外の建設工事  1件の請負代金が500万円未満の工事(消費税込み)
建築一式工事で右のいずれかに該当するもの ① 1件の請負代金が1500万円未満の工事(消費税込み)         
② 請負代金の額に関わらず、木造住宅で延べ面積150㎡未満の工事
(主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住の用に供するもの)

※1つの工事を2以上の契約に分割して請け負うときは、各請負代金の合計額となります。

 

許可の種類

国土交通省大臣許可 → 2つ以上の都道府県に営業所がある。
都道府県知事許可  → 1つの都道府県にのみ営業所がある。

 

建設業の許可区分

一般建設業 特定建設業
①4000万円未満
(建築一式は6000万円未満)
②工事のすべてを自分(自社)で施工
4000万円以上
(建築一式は6000万円以上)
(複数の下請業者に出す場合は、その合計額)

 

建設工事と建設業の種類は、29業種あります。

詳細はこちらへ → ”建設工事と建設業の種類”

 

 

初回無料相談 TEL 042-449-3785 受付時間 10:00~20:00(土日祝祭日を除く) 24時間メール受付中

PAGETOP
Copyright © 行政書士 西東京事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.