2019年10月の増税に合わせて導入される軽減税率に、事業者の軽減税率に対応したレジや券売機の導入の経費を補助するための補助金が、9月30日までとなります。

そこで、レジや券売機の導入や改修においての補助金(A型)についてまとめてみました。

 

申請者

対象となる申請者は、小規模事業者および中小企業の個人又は法人において、継続してレジを使用、販売をし、複数税率対応レジの導入が必要な事業者であります。

ただし、 風俗営業、性風俗関連特殊営業及び接客業務受託営業を営むもの(旅館、ホテル又は飲食店を営むものであって、風営法第3条第1項の規定に基づき、風俗営業を営むことについて都道府県公安委員会の許可を受けているものを除く。)でないことが条件となります。

また、軽減税率に対応しているレジを既に導入している事業者は申請できません。

導入またはシステムの改修が必要な事業者のみが申請可能となります。

対象機器

事務局に登録されたレジで、以下に記載のもの

① 税率ごとの表記機能
② 区分記載請求書等保存方式(適格請求書等保存方式)に対応したもの
  詳しくはこちらへ → 2019年10月から始まる消費税軽減税率について

補助対象経費と補助率

・レジ導入型(A-1型)

・レジ改修型(A-2型)

・モバイルPOSレジシステム(A-3型)

指定サービスベンダーが推奨しているタブレット等、レシートプリンタを含む付属機器で事務局に登録されたもので、「複数税率に対応したレジ機能を有するサービスを継続的に提供するモバイルPOSレジのサービス」に限ります。

※ 中古品の機器を導入する場合は補助対象外となります。
また、モバイルPOSレジシステム(1システム)の導入費用(設置に要する経費は含まない)が3万円未満の場合は補助率4/5となります。

上記区分の 2. 対象サービス導入費及び 3. の経費は対象パッケージが複数システムで構成されている場合は、システム数で除して、その費用も含めて、1システムあたりの上限を算出されます。

・POSレジシステム(A-4型)

※1 POS機能を有するソフトウェアを汎用端末にインストール等して利用する場合の汎用端末については補助率は、1/2となります

・券売機の導入または改修(A-5型)

・商品マスタの設定(A-6型)

※ 1事業者あたりの上限額は100万円


補助上限額

1事業者あたりの上限額200万円(商品マスタの設定においては上限額100万円)は超えられません。

また、 リースの場合には、物件価額と付随費用がリース料で概ね(90%以上)回収される契約であることが必要となります。

補助事業期間

2019年9月30日までに、補助対象機器等を導入し、設置及び支払いが完了することが必要です。

また、 補助金交付申請の受付期限は、2019年12月16日までです。

まとめ

10月からの軽減税率に合わせて、現在使用しているレジなどの改修が必要な場合や、これからレジや券売機の導入を考えられている方は、是非とも9月30日までに補助金を利用して対応していきましょう。

締切直前は混み合いますので、お手続きは早めに行いましょう。

申請の代行は是非とも当所をご利用くださいませ!

このサイトをフォローする!